読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク好きの教員日記

ロードバイク好きのおっさんが、日々の徒然を語ります

しまなみ海道のこと その6 大三島橋~多田羅しまなみ公園

しまなみ海道 ロードバイク 自転車旅行 食事
ただいま、とびしま~さざなみ~しまなみ海道走破の三日目です。本日は尾道観光をしてから、ゆっくりとしまなみ海道を走ることにしています。これまでのことはまた、改めて。
 
ちなみに旅行前にいくつかブログの記事を書き溜めておきましたが、その貯金も尽きました。現在、ホテルのパソコンで入力してますが、やっぱりIMが普段使っているものでなければ、入力しにくいですね(普段は、WindowsATOKで、Macは標準のIMです。Mac標準のIMの使いやすさについてはまた記事を書きたいと思います)。キーボードの違いはさほど苦にはしないのですが。
 
さて、前置きが長くなりましたが、しまなみ海道のことです。今回は、大三島橋~多田羅しまなみ公園です。
伯方島の道の駅でソフトクリームを堪能したら、大三島橋へ向かいます。
 

f:id:okunomasaaki:20160822204219j:image

 
大三島橋を渡って、海岸線を進むと、多田羅しまなみ公園に着きます。サイクルスタンドが数多く設置され、おそらく、しまなみ海道のなかでもっとも大きなサイクリングスポットなのではないでしょうか。いろんなイベントの拠点になることも多いです。
 
多々羅しまなみ公園といえば、2つの目玉があります。1つ目はこちら。
 

f:id:okunomasaaki:20160822204222j:image

 
海と橋、島と石碑が一緒に写るポイントなので、このあたりは、休日なら必ずと言っていいほど誰かが写真を撮っています。
 
いつの間にサイクリストの聖地と呼ばれるようになったのかというと、2014年10月だそうです。ボクが最初にしまなみ海道を訪れたのが2013年なので、いつの間にか出来ている…という感覚になってしまうのも無理ないでしょうか。サイクリストの聖地碑ができるまでの、そして現在も、ですが、撮影の定番といえば、こちら。
 

f:id:okunomasaaki:20160822204227j:image

 
ほんのちょっとだけ角度が違う程度です(笑)
 
そして、多々羅しまなみ公園のもう一つの目玉が、
 

f:id:okunomasaaki:20160822204231j:image

 
マハタ料理を食べさせてくれる食堂。…とはいえ、ボクは食べたことがありません。値段として手頃な刺身定食や海鮮丼ばかりです。
 

f:id:okunomasaaki:20160822204234j:image

 

f:id:okunomasaaki:20160822204237j:image

 
あと、「しあわせの鐘」だとかなんだとかいうものもあるようですが、ボクは全く知りません(笑)。
 
食事や水分補給、写真撮影が終わると、いよいよ多々羅大橋を渡ることになるのですが、今治側から来た場合、ほんのすこしですが、道を戻らないといけません。ボクは初めて来た時、多々羅大橋の渡り方がわからず、前を行くサイクリストについていったらエラい目にあいました。おそらく1時間半ほどロスしたはずです。
 
けれど今は、次のように、しつこいくらい目印をつけてくれています。「一見さん」に優しいこのあたりの「配慮」がしまなみ海道の人気のひとつでもあるのでしょう。
 

f:id:okunomasaaki:20160822204241j:image

 
この写真のように左折して、坂を登ると多々羅大橋です。「しまなみ海道のこと」シリーズの次は多々羅大橋ですが、紹介し忘れたスポットがあるので、そちらの紹介をしていくかもしれません。