読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク好きの教員日記

ロードバイク好きのおっさんが、日々の徒然を語ります

ボクなりの映画・ドラマの楽しみかた その1

今週の月曜日から、夏休みに入っています。県内でも有数の、休みが少ない学校として知られている我が校ですが、それでもまとまった休みが入ると嬉しいものです。休みの間にしかできない、教材研究や自転車旅行、映画鑑賞など様々なことを夢想します(笑)。
 
前職(「職」というほどのものではありませんが)の関係で、1日に最低一本は映画を見ようと心がけていました。ただ、時間を捻出するのが本当に難しい…。短いもので90分、一般的には120分というのが映画の相場ですから。
 
1)DVDの倍速再生
そんな時に便利だったのが、DVDの倍速再生です。TSUTAYAやGEOでレンタルしてきたDVDを、1.5倍速で再生することができました。そうやって、時間を短縮して、映画を見続けていたのは、確か、10年ほど前のことですね。ところが、倍速再生の初期段階だったからでしょうか。DVDの読み取り部分に負荷がかかっていたようで、1年ほどで壊れてしまい、使用できなくなってしまいました(保証期間外(泣)。
 
当時は、新しいDVDプレイヤーを買うだけのお金もなかったので(苦笑)、また、家電が増えるのは嫌だったので、当時のあるものでなんとかしようと思いました。それは、MacにDVDのリッピングをして取り込む方法です。
 
Mac the RipperでDVDのリッピング→HandBrakeで動画を変換してiTunesに取り込み
 
という経緯でした。当時は、DVDの宅配レンタルが最盛期で、月額2000円ほどで、1回2枚で借り放題というサービスが珍しくありませんでした。7泊8日で1枚300円程度でしたので、4回借りたら元が取れるという感じですね。のちに、DVDのレンタル費用もだんだん安くなり、気になるものは片っ端から借りてMacに取り込んだものでした。
 
ところが…
 
DVDのリッピングそのものが違法化されてしまいました。
…という事で、この方式は断念しました。
 
3)再度、DVDの倍速再生
結局、直接DVDを倍速再生する事になりました。Mac用のDVDプレイヤーが大変安価になってきたので、初めの頃のように壊れたとしても、買い換える事が可能です。ソフトウェアはVLCプレイヤーを使いました。ただ、観たい時にその都度DVDを借りる事になったので、また、忙しさも手伝って、映画を見る本数が随分と減ってしまいました。
 
そして現在…
 
は、また、記事を改めたいと思います。