読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク好きの教員日記

ロードバイク好きのおっさんが、日々の徒然を語ります

defy3(2013)とANCHOR RL8 EQUIPE(2016)の違い

ロードバイク 私の自転車遍歴
とうとうANCHOR RL8 EQUIPE(2016)を購入しました。すぐに、defy3につけていたボトルケージやバッグを付け替えて、2時間ほど乗ってみました。たった1日だけですが、乗ってみた感想をば。
 
一番大きな違いは、SORA(2013)と105(2016)です(笑)。105の方が、シフトチェンジが圧倒的にスムーズです。こんなに違うものなのかと。二つを比べてみないと全くわからないですね。
 
あと、ブレーキの効きが全く違います。105の方がブレーキが効きやすい。SORAの場合は、ブラケットを持ったままブレーキをかけても、ほとんど効きません(SORAだからなのか、GIANTのセッティングなのか、それはわかりませんが)。結果的に、上ハンドルを持って補助ブレーキに手をかけるか、下ハンドルを持ってブレーキに手をかけるかしないといけませんでした。
 

f:id:okunomasaaki:20160809194424j:image

(defy3での基本ポジション)
 
ところが、105なら、ブレーキの効きが良いので、ブラケットを持ったままブレーキをかけることができます。
 
このあたりはコンポのグレードが違うので、同じだと困りますよね(笑)。
 
ただ、SORAはシフト位置がわかりましたが、105はわからないという違いがあります。気にしなければ良いというところでもありますが、いつの間にか、一番軽いギアで走っていて、ギアをさらに下げるということができないということも考えられます。
 

f:id:okunomasaaki:20160809194438j:image

(defy3 SORAはゲージがあって、ギアの状態がわかる)
 

f:id:okunomasaaki:20160809194452j:image

(105のSTIレバー。ゲージがなく、どのあたりのギアを使っているのかがわからない…)
 
…というのが、違いですが、それはあくまでもSORAと105の違い。
defy3とRL8の違いはどうなのかといえば…
 
RL8の方が圧倒的に軽い(笑)。アルミとカーボンを比べれば、当たり前なのですが。アルミのロードバイクに慣れたものにしてみれば、カーボンのあの軽さには戸惑います。乗り心地としては、RL8の方が「柔らかい」とでもいいましょうか。まだ慣れていないので、しっくり来るまで、何度も乗ってみて、一番いいところを見極めていかないといけないのでしょうが。
 
おそらく今後、defy3は通勤に使う予定にしているので、乗り心地を比べてみて紹介できることがあれば、また紹介したいと思います。