読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク好きの教員日記

ロードバイク好きのおっさんが、日々の徒然を語ります

初めてのビワイチ その5〜トンネルを抜けて〜

初めてのビワイチで、非常にコストパフォーマンスの高い宿、余呉ふじとぴあに泊まりました。

 

f:id:okunomasaaki:20170119231642j:image

朝の余呉湖も綺麗です。
 
ゆっくりと『ドラゴンボール超』を観ていると(確か、未来トランクス編で、ベジット再登場のところだったはずです)、管理人さんから、
 
「お客さんを送っていくので、適当に出発していただいて結構ですよ」
 
と内線連絡。さみしくもあり、けれど気ままに出発できる気楽さもあり…な朝でした。
 
出発してすぐに困ったことが一つ。
 
道が濡れている…。
 
雨が降っている様子もなかったのに、ほぼ全ての道が濡れているのです。そして、しばらく進むと、道からチョロチョロと水が…(写真は撮っていませんでした。とにかく走り抜けることを最優先したので)。のちに調べてみると、雪国ではよく観られる光景だそうです。その水で雪を溶かすのだとか。
 

f:id:okunomasaaki:20170119231546p:image

 
まだ11月だったんですが、もうこの時期から雪対策をしているんですね。水が跳ねるのを気にしながら、けれど、キャラダイスのSQR SLIMが防いでくれることに安心しながら、ビワイチのルートに復帰しました。
 

f:id:okunomasaaki:20170119231557j:image

f:id:okunomasaaki:20170119231705j:image

 
こんな感じの素敵な景色を横に見て進んでいくと…ボクにとっては鬼門のトンネルが待ち受けていました…。
 

f:id:okunomasaaki:20170119231619j:image

f:id:okunomasaaki:20170119231528j:image

トンネルの暗さ、道幅の狭さ、そして何よりもトンネル内にこだまするエンジンの音…全てが苦手です。皆さんはどうなさっているんでしょうか…。
 
慣れるしかない
そもそも通らない
 
というのが答えのような気がしますが。
 
さて、奥琵琶湖パークウェイという難所を抜けると、あとは行きと同じく平坦基調の道が続きます。街中で交通量が多い道は、こんな感じで自転車道が。
 

f:id:okunomasaaki:20170119231758j:image

ボクのような貧脚ならともかくも、一般的なロードバイク乗りにはかえって危ないのではないでしょうか。どういう意図なんでしょうか。
 
…というわけで、JR堅田駅に到着しました。
昼食として、例によって食べログのランキング検索で見つけた、堅田駅近くのラーメン屋、与七へ。
↓↓↓
 

f:id:okunomasaaki:20170119231723j:image

ちょっと遅めの昼食だったのですが、結構人が並んでいて、人気店のほどがうかがえます。
唐揚げ定食を注文。写真の通りの「いい感じのこってり具合」。自転車に乗ったあとということもあり、水をグビグビと飲んでしまいました。ただ、食べていると、お店紹介の記事で気になる文言が…それは
 
無鉄砲で修行をした店主が〜〜〜
 
…知りたくなかった…なんだか複雑な気分です。食べログの写真を見て、そのこってり度合いに惹かれてこの店を選んだのですが、これまでなんども食べていた無鉄砲系のラーメンだったとは…。いや、美味しいのは美味しいんですよ。当然のことながら。ただ、わざわざやってきた旅先で選んだのが…となると、ちょっとだけ残念な気持ちがします(ただ、これはお店の責任では全くありません。ボクの側の問題です)。
 
複雑な気持ちではあるものの、正統派こってりラーメンを堪能して、堅田駅から輪行して自宅へ戻りました。
 

f:id:okunomasaaki:20170119231741j:image

 
ビワイチ
余呉湖へ〜