読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク好きの教員日記

ロードバイク好きのおっさんが、日々の徒然を語ります

初めてのビワイチ その4〜余呉湖へ〜

初めてのビワイチ20161112~13(完了) ロードバイク 自転車旅行
長浜市観光を終えた後は、夕焼けがいい感じの道を悠々と走って、余呉湖へ向かいました。
 

f:id:okunomasaaki:20170118220750j:image

f:id:okunomasaaki:20170118220730j:image

 
初めてビワイチをする場合は、無理せずに途中で宿泊するのが良いようです。確かに、今までしまなみ海道の100km程度しか走ってこなかったボクにとっては、ビワイチの150kmは、一日で走るにはちょっと厳しいかもしれないと思いました。
 
それで、宿泊のオススメとしては、
 
難所である奥琵琶湖パークウェイの手前
 
だそうです。具体的には、
 
長浜
 
 
あたりが良いそうです。長浜は、観光地として栄えていて、宿泊場所は結構あるのですが、手前すぎるので、翌日が辛くなります。それに対して木ノ本は80km地点にあるので、ちょうど良い感じの宿泊地点です。
 
ただ、ボクが行った時は適当な宿泊施設が空いていませんでした。そこで、木ノ本から少し外れた、余呉湖近辺で宿を取ることにしました。
↓↓↓

f:id:okunomasaaki:20170118220724p:image

 
ボクが泊まったのが、余呉湖畔に位置した「余呉ふじとぴあ」。
 
楽天トラベルで予約したのですが、素泊まりで4,320円。非常にお値打ちです。すごく愛想の良い管理人さんが一人で切り盛りされている趣のあるホテルです。しかも、これだけ安いのに、こんな感じの部屋です。
 

f:id:okunomasaaki:20170118220809j:image

一人で泊まるには、非常に豪華。しかも、(おそらく全室)レイクビューが。
 

f:id:okunomasaaki:20170118220827j:image

非常にコストパフォーマンスの良い宿です。
ただ、一つだけ問題を言えば、
 
周りに食事をするところがほとんどない…。
 
ということです。だからこそ、素泊まりだけではなく、様々な食事のプランが用意されています。夜はすき焼きの凄くいい匂いがしていました。そっちを頼んでおけばよかった。食事も、管理人さんが一人でご用意されます。
 
夕食をなんとかしなければいけないので、木ノ本あたりで検索をかけてみたのですが、ピンと来るようなところはなく。しょうがないので、コンビニを検索してみると、自転車で30~40分ほど走らなければたどり着けず…。とはいえ、食事を取らないわけにはいきません。管理人さんに外出する旨を伝えると、
 
管理人「遅くなりますか?」
ボク「えっと…あ、門限ありますか。そんなに夜遅くはなりませんが」
管理人「6時くらいになると、この辺り真っ暗になるんで気をつけてくださいね」
ボク「あ、ありがとうございます」
管理人「それと…」
ボク「え?」
管理人「このあたりは、動物が出ますんでね。キツネとか。」
ボク「えっ…」
管理人「自転車で行かれるんなら、気をつけてください」
ボク「…わかりました。ありがとうございます」
 
ってな会話が。田舎あるあるですね(笑)
 
往復一時間以上かけて、夕食と朝食を調達しました。ちょっとビールも呑んで明日への英気を養いました。
 
ビワイチ
 
〜長浜観光〜